「精神論だけ」が嫌いなのは、日本の敗戦の話が頭の隅にあるからかも

2019年8月16日

フォローする

スポンサーリンク

心が大切。

それは否定しないのですが、「精神論だけ」だと、どうなのだろうと思ってしまうというのがあります。

方法論や、具体的に行動しないのは、違うなと。

スポンサーリンク

日本の敗戦の話が頭の隅にあるからかも

 

そう感じるのは、日本の敗戦の話が頭の隅にあるからかもしれません。

 

勝つまでやれば、勝てる。そんな話は、聞きますよね。まあ、そうなのでしょうけれど。

そもそも「日本人」が精神論が好きなのかどうか、今の日本人も精神論が好きなのかどうかはわかりませんが、単に、頑張ればできるといった話だと、根性論、精神論だけになって、運を天に任せている感じがしてしまう。

必要なことは何かを考える

何が必要なのかを考えて、どうしたらうまくいくのかと準備する。

言われてみれば、当たり前のことを、「心が大切」だけで済ませてしまったら、それでうまくいけば良いですが、うまくいかなかったら、むなしいというか、バカらしいというか。

 

せっかく考えられるのだから、考えて行動していくというのは、凡才であるなら、やっておきたいことだなと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

運営者