失敗を活かすには?どうすると良いか

フォローする

スポンサーリンク

失敗を活かせると、成功しやすくなりますね。

少なくとも、似たような失敗も防ぎやすくなるので、良いですね。

そのために、どうするか?

失敗

スポンサーリンク

失敗を活かすには?どうすると良いか

レビュー(評価改善)をする

わたしは、1週間の中で、金曜日の夜にレビュー(評価改善)をしています。(毎日やってもいるのですが。さらにまとめて、来週の予定なども考えつつ)

目標や目的に行動などが合っているのかどうか振り返る。

こうすると、失敗も活かしやすいですし、もちろん、うまくいったことも、別の機会に使えることもあります。自分が得意な方法、苦手な方法などもわかってきますね。

ログ(記録)を取るというのは、レビュー、評価、改善のためにやる。

レビューの前に、目標や目的、ビジョン、ミッションがあると良い

そして、このために、目標や目的、ビジョン、ミッションがあると良いというか、ないと、何を判断基準にするかがないので、レビュー、評価のしようがないです。

目標はいらないと言ったりする人がいますが、レビューができないので、似たような失敗を繰り返したり、成功の確率が上がらなかったりします。

凡才、凡人が、経験を活かすには、こういう方法が良いですね。
もちろん、こうしても、失敗はあります。
でも、減りますし、成功の確率も高まりますね。

適切な努力とは?

適切な努力というのは、こういうことをやるかどうかだと、わたしは思っているので、努力やがんばることも良いことだと思っています。(やりすぎは、違うと思いますけど。この場合だと、振り返りばかりしているとかですかね。)

いずれにしても、大したことではないというか、小さな日々のルーティンの一つですけれど、続けることで違いになっていきます。
(こういうことをやめると、凡人はうまくいかないですね。以前、こういったことをやめたことがあるので、うまくいかなったです。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

運営者