私たちは他者を通してのみ人間として存在する ネルソン・マンデラ

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

ウブントゥ(Ubuntu)

「アフリカには「ウブントゥ(Ubuntu)」という概念がある。
これは「私たちは他者を通してのみ人間として存在する」という意味だ。
「他の人々の功績や貢献のお陰で、自分はこの世で何かを成し遂げることができる」という考え方である。」

ネルソン・マンデラ

 

 人は、他者を通してのみ

人は、他者を通してのみ、人間として存在する。

 

個人は個人。

そういう考え方とは、違いますね。

他人があっての、自分。

 

 他人のおかげ

東洋的、日本的な考え方かもしれません。

自分だけでは生きていけない。

便利な現代にいると、忘れてしまうこともあるかもしれませんが、インターネットや電車や、水道、など、どこかの誰かが作ったものでしょう。

そういったものがあるから、便利に暮らしていられる。

 

他人のおかげ。

自分の幸せを考えてばかりいると、忘れてしまいがちかもしれません。
『信念に生きる――ネルソン・マンデラの行動哲学』

『信念に生きる――ネルソン・マンデラの行動哲学』

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly