むずかしい本を読む意味

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

むずかしい本

むずかしい本は、読まない。

そういう人も多いのかもしれません。

 

ただ、自分にとってむずかしいと感じる本を読むことには、いくつか意味があると思います。

その意味を考えてみると、むずかしい本を読んでみようと思うはずです。

 

3つほど理由があると思います。
(他にもあるでしょうが、わたしにとっては、こういうことが大きな意味だと思っています。)

 

1 わからないことが、わかるようになる

2 「世界」が広がる

3 成長につながる

 

1 わからないことが、わかるようになる

むずかしいなと感じる本でも、全部が全部わからないということではないはずです。

少しでもわかることがあれば、少しずつわかるようになっていくでしょう。

また、他の本を読んだり、繰り返し読んだりすると、もっと理解しやすくなると思います。

知識が増えると、これまでわからなかったことも増えるようになるはずです。

 

2 「世界」が広がる

今、わかっていることだけではなく、知らないことを知れば、「世界」は広がるでしょう。

外国に旅行すれば、自分の知っている「世界」が広がるように、むずかしいと感じる本でも、知らないことを知ることで、世界が広がるはずです。

知らないことを知る。

それだけでも、世界は広がると思いますが、さらによくわからないことであれば、もっと深みが出てくるように思います。

 

3 成長につながる

むずかしいことができるようになれば、成長していると実感しやすいですよね。

それと同じような感覚で、知識もむずかしいことを知ることで、成長につながると思います。

例えば、脳科学の本を読んで、脳に興味を持つと、人間を理解するきっかけになるなどします。

その結果、自分の学習法などを改善できれば、成長しやすくなります。

成長につながるわけです。

 

まとめ

本

むずかしい本を読むことにも、意味がある。

それは、成長につながる。

 

だから、むずかしそうと思う本も読んでみると、知識が増えて、世界が広がって、成長しやすくなるので良いと思います。

むずかしいからというだけで読むわけではないですが、むずかしいからという理由で読まないのも、もったいないことでもありますね。

 

 

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly