Evernoteを使っている人は、バックアップしておいたほうが良い

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

Evernote

Evernoteのデータがなくなったら、困るから

Evernoteを使っています。便利ですよね。

メモを書いたり、ホームページを保存したり、写真を保存したり、いろいろな情報を保存してあります。

そんなEvernoteですが、このデータがなくなったら、困ります。

これまでのログやデータがなくなってしまうわけですから。

 

Evernoteからエクスポートしてバックアップとする

データがなくなるというようなことが起こる前に、万が一のためにバックアップしておいたほうが良いと思います。

エクスポートしておけば、バックアップになるはずです。

以下は、パソコンで、作業します。

一度やってみれば、やり方は簡単です。

 

エクスポートの手順

1.すべてのノートを選択します。

ノートすべて

Windowsなら、Control+A。Macなら、Command+Aで、選択します。

2.メニューの「ファイル」から「エクスポート」(Macは、「ノートをエクスポート」)を選びます。

Evernoteエクスポート

あとは、形式を選んで、エクスポートします。

ノートが多いと、それなりの時間がかかります。(パソコンが古いとなおいっそう時間がかかります。)

「ENEX形式」:Evernoteのファイル形式。ノートの内容を見ることはできない。Evernoteにインポートすることで、データを元に戻せるようです。

「単一のHTML」:一つのノートが一つのHTMLファイルになります。ノートの内容をブラウザなどで見ることができます。

「Webアーカイブファイル」:一つのファイル、mhtファイルができます。ブラウザで書き出したメモを見ることができます。

3.「ENEX形式」をEvernoteのバックアップのために一度書き出す。

もう一度、「HTML」か「Webアーカイブ」で書き出す。

こうしておけば、Evernoteでなくても、データとしては残っているので、他に活用することも可能になりますね。

 

Evernoteのノートをエクスポートして、バックアップしておく

Evernoteに、ログをまとめる。

本当に便利です。

しかし、ファイルがなくなったら、せっかくのログもなくなってしまうかもしれません。

万が一のときや、ファイルが壊れたときのためなどに、Evernoteをエクスポートしておいて、バックアップしておく。

やり方は簡単ですので、やってみてください。

頻度をどれくらいにするかはありますが、月に1度ぐらいは、エクスポートをしておくと、安心ですね。

ストレスフリーで効率アップ! EVERNOTEを便利に使う48の技

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly