わたしは正しい。相手は間違っている?『嫌われる勇気』

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

わたしは正しい。相手は間違っている?

「人は、対人関係のなかで「わたしは正しいのだ」と確信した瞬間、すでに権力争いに足を踏み入れているのです。」

「わたしは正しい。すなわち相手は間違っている。そう思った時点で、議論の焦点は「主張の正しさ」から「対人関係のあり方」に移ってしまいます。つまり、「わたしは正しい」という確信が「この人は間違っている」との思い込みにつながり、最終的に「だからわたしは勝たねばならない」と勝ち負けを争ってしまう。これは完全なる権力争いでしょう。」

『嫌われる勇気』(p.107)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

自分も正しい、相手も正しい?

こんなふうに単純ではないかもしれませんが、自分が正しいと思うと、相手が正しいとは思いにくいですよね。

自分も正しい、相手も正しい。

などと言ったりします。

たしかに、そういう考え方もありますが、なかなかむずかしいと思います。

正しいと思うことを、やめる

正しいと思うことを、やめる、停止する。

正しさを求めるのではなくて、別のことを求める。

そうすると変わってくると思います。

お互いにとって良いことを求める

もし仮に、仲良くしたい、協力したいと思っているのであれば、お互いにとって良いことを求める。

良さを求めるようにすると、変わっていくと思います。

もちろん、価値観は違うかもしれません。

それでも、相手が間違っていると考えるよりは、良いですね。

 

小さな正義感より、大きな幸せ

正しい、間違っている。

そういう思考法だと、敵と味方という話になっていくこともあると思います。

たいしたことではないことで、正しい間違っているということ自体が「間違っている」のではないでしょうか。

小さな正義感を持つのではなく、もっと大きなお互いのより良いを求める。

そうすると、少しだけ大きな幸せがあるのではないか。そう思います。

嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly