実用化されて初めて、理論や理屈は最終的に正統性を裏づけられる【言葉】

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

 

「実用化されて初めて、理論や理屈は最終的に正統性を裏づけられる。理屈を厳しくチェックしても、机上の確認をするだけであって、実際にうまくいく保証はない。アジアの膨大な貧困層は、理屈を知らないし興味もない。望みはよりよい暮らしだ。さらなる平等であり、公正な社会だ。」

シンガポール建国の父・リー・クアンユー

 

実用化されてこそ

理論や理屈は、実用化されて初めて、正解だ、正統性があるということです。

理論や理屈が、まったく不要ということではないですが、現実に使えないものであれば、意味はほとんどないでしょう。

 

理論を現実で確認する

理論を、現実で確認する。

そうやってこその、理論、理屈だと思います。

 

そして、理屈よりも現実のほうが大切でしょう。

多くの人は、よりよい暮らしを望んでいて、そのための平等、公正な社会ということになるのだと思います。

理論や主義が大切なのは、より良い暮らしのためにでしょう。

その逆ではなく。

『リー・クアンユー、世界を語る』

『リー・クアンユー、世界を語る』

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly