言葉を大切にする 3つのタイプ

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

 

言葉が大切とは、よく言われることかもしれません。

そう思うことは多いと思いますが、その意味するところは、なかなかわかりにくいというか、人それぞれ違っていたり、ときによって異なるでしょう。

このとき、どう大切なのかは、いくつかにわかれるように思います。

 

3つあげてみると

 

1.プラスの言葉を使う

2.相手のためになる言葉を使う

3.正確な言葉を使う

 

他にもあると思いますが、今回は、この3つについて考えてみます。

 

1.プラスの言葉を使う

ネガティブな言葉ではなく、ポジティブな言葉を使う。

「できない」より「できる」、「嫌い」より「好き」、「忙しい」より「充実している」など、プラスにつながりそうな言葉を使うこと。

こういうことを大切にするということがあります。

 

2.相手のためになる言葉を使う

プラスの言葉に似ていますが、例えば、相手が迷っているときに、「あなたなら、できる」「大丈夫」といった言葉を使う。

相手がポジティブな気持ちになるような言葉を使う。

相手が動きたくなるような言葉を使う。

こういうことを大切にするということです。

 

3.正確な言葉を使う

本当のことに近いことを言う。なるべく、嘘は言わない。「真実」に近いことを言う。

そういうことを言います。

孔子が言ったと言われる「名を正す」ということに近いです。

「2.相手のためになる言葉」とは違ってくることも、ときにはあると思います。

 

ポジティブで相手のためになり、正確な言葉を使う。

言葉を大切にするとは、そういうことなのかもしれません。

ただ、あまりポジティブでなければとか、相手のことを考え過ぎるのも、ほんとうのことからズレてきて、嘘になってきて、役に立たないこともあるでしょう。

ポジティブでなくても、正確であれば、何かの役に立つこともあるかもしれません。

 

そう考えると、言葉を大切にするというのは、「自分」、「他人」、「世界(環境)」という3つのものを考えて使うということになる。

そんなことを考えられそうです。

 

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly