ブログを読んでもらうのは、むずかしいのかもしれないいくつかの理由と

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

このブログ

このブログを始めて、だいたい2カ月と少しです。

 

ブログを読んでもらうのは、なかなか読んでもらうのは、むずかしいのかもしれない。

そんなことを感じています。

なかなかアクセスが増えないということもありますし、他のこともあるのですが、ちょっとこのあたりのことを書いてみようと思います。

 

ブログを読んでもらうのが、むずかしい理由

1 ブログや情報があり過ぎる

2 忙しい中で、読みたいとは思わない

3 ブログを見つけてもらいにくい

4 有益な情報を書き続けるのは、なかなかむずかしい

 

1 ブログや情報があり過ぎる

今は、情報社会などと言われます。それだけ情報が溢れているのだと思います。

そして、ブログも、それこそ、何十万、何百万とあるのでしょう。

ブログ以外の情報もあります。

ネットだけでも、ポータルサイトのニュースや、Twitter、Facebook、などがありますし、ネット以外のテレビや新聞、映画などもあるわけです。

情報が足りないわけではなくて、情報過多になっているところがあります。

 

こうなると、なかなか読んでもらうのは、簡単ではないでしょう。

 

2 忙しい中で、読みたいとは思わない

忙しいと、自分のことで精一杯で、なかなか情報を取ってこようとは、思わないのではないでしょうか。

現代人は、いろいろと忙しい人が多いらしいです。

そうなると、忙しい中で、ブログを積極的に読みたいと考える人は少ないのではないかと。

もちろん、時間のある「暇な人」はいるでしょうから、そういう人にアプローチできると良いのでしょうけれど、どうしたら、そういう人に、アプローチできるかがむずかしいのだと思います。

 

3 ブログを見つけてもらいにくい

ここが、ある意味、一番のネックなのかもしれません。

ネットの情報をどこから見つけるかというと、やはり検索エンジンからというのが多いと思います。

そうなると、検索エンジンの検索結果で、なるべく上のほうに表示されると良いわけですが、これも、なかなかむずかしい。

では、TwitterやFacebookのSNSからというのもあるので、そこからということになるかもしれませんが、これも、どれだけのフォロワーや友人がいるかになるので、ここも簡単ではないでしょう。

 

4 「有益な情報」を書き続けるのは、なかなかむずかしい

それでも、「有益な情報」を書くと良いとは言われます。

続けていれば、読んでもらえる可能性は高まるとは思います。

しかし、「有益な情報」を書き続けるのは、むずかしい。

だから、読んでもらえるブログを書くのは、簡単ではないでしょう。

 

ブログを読んでもらうのが、むずかしい理由を考えてみて思ったこと

他にも、理由はあるのかもしれません。

今のところ、わたしが思いつくことは、だいたいこのあたりです。

 

では、読んでもらうには、どうしたら良いのか?

「有形な情報を書き続ける」そして「見つけてもらう」ということになりそうです。

どちらも簡単ではないから、読んでもらえるブログは少ないのではないかと思います。

それでも、この2つができると、読みたいと思われるブログになるのでしょう。

(他にも、必要なことはあるかもしれません。)

 

と、ここまで考えてみると、わかることもありますね。

では、どうしたら、上記の2つができるのか。

調べて、考えて、実行する。

これができると、変わってくると思うので、まずは、調べてみようと思います。

 

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly