成果を決めるのは、小さな差の積み重ね

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

小さな花

成果を決めるのは?

成果を決めるのは、小さな差の積み重ねなのかもしれません。

小さな違いが大きな違いにつながっている。

そんなことを、このところ感じています。

 

ちょっとしたこと

それは、遅刻をしないとか、あいさつをするとか、ちょっとしたことかもしれません。

メールを丁寧に返信するということなのかもしれません。

複雑ではなく、それほどむずかしくないことの、違い。

 

小さな差が積み重なると

それが、差になって、積み重なると、成果が変わってくる。

一つひとつを見れば、たいした違いではないでしょう。

というよりも、ほとんど同じと言っても良いのかもしれません。

ただ、そんな小さな違いを少しずつ積み重なると、大きなことになる。

 

そういうこともあるのではないか。

そんなことを感じています。

 

例えば、ブログでも

そんなことを感じた理由は、それはたいしたことではないのですが、こういう違いが、積み重なったら、違ってくるなと思ったことが、いくつかありました。

それらについて、全部は書けませんが、例えば、ブログ。

毎日更新する、もしくはたくさん書く人と、あまり書かない、たまに書くといった人では、それほど違いはないかもしれませんが、積み重なって変わってくる。

そういうことはあると思います。

 

大事なことをやったうえで、小さなことを積み重ねる

もちろん、大きなことが、大切ではないということではありません。

大きなこと、大事は、大切です。

重要なこと、大事なことをできたうえで、小さなことを積み重ねる。

そういうことが、成果を決めていくのかもしれません。

 

▼そう言えば、小さな差、微差で大きく変わるというこんな本があります。

小さな差の積み重ねということが、気になる方は、おもしろいと思うので、読んでみてください。

微差力

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly