先人に学ぶことの大切さ【じぶん進化】

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

本棚

先人が知っていること

先輩や先人は、経験や知識から、すでにわかっていることがあります。

それを、わざわざ自分で発見することもないというか、教えてもらうほうが良いなと思っています。

言っている人の年齢や相手を好きか嫌いかなどとは、関係なく。

 

すでに誰かが知っていること

というのは、自分が発見したと思ったことも、すでに、誰かが言っていることだったりするからです。

それは、本だったり、身近な人だったり、Facebookで流れてくることかもしれません。

 

先人の言うことを受け取る

ただ、それを受け取れないことがある。

受け取れない理由はいろいろあるとは思います。

自分の知識では理解できないから、自分にはそのときは関係ないと思ってしまうから。

そんな理由かもしれません。

それは、もっともではありますが、受け取ろうとすると決めるのは、自分です。

だから、それは仕方がないとは思いたくない。

 

出会ったときに、わかるようでいたい

なるべく、出会ったときに、わかるようでいたい。

なぜなら、命は有限だから、その場でわかれば、そのあとに活かすことができますが、あとからだと、その分、遅くなりますから。

自分がわからないことでも、大切なことなのではないか、そういうことを思える自分でいたい。

そう思います。

▼ライフハックのようなこともすでにドラッカーが言っていることだったりします。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly