道具や方法は、考え方で、さらに活きる【じぶん進化】

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

双子

同じような道具、方法でも、成果が違う

同じようなセミナーに参加しても、同じような成果が出るわけではないですよね。

同じような道具を使っていても、同じようなアウトプットを出せるわけではないです。

似たような方法を知っていても、似たような道具を使っても、出てくるアウトプットは、人によって変わります。

 

それは、なぜなのだろうか?

それなりに、長い間考えていました。

 

 「考え方・見方」が違うから、違う結果になるのではないか?

現段階で思うことは、「考え方・見方」、英語で言えば、「マインド」が違うから、違う結果になるのではないか、ということです。

もちろん、行動が違ってくるから、違う結果になるわけですが、なぜ、違う行動になるのか?

同じような道具、方法を使って、同じような「考え方」で、何かを作れば、その上手い下手はあるでしょうけれど、似たようなモノが作れるはずです。

例えば、料理は、そういうところがあると思います。

同じような道具、方法・技術、レシピ、材料で、作れば、同じようなものができるでしょう。

ただ、そこには、作り手が込める想いの差がある、考え方で、微妙に違ってくるのではないでしょうか。

 

考え方が違うと、行動が違ってくる。

教会

よく聞く例ですが、3人の石工の話があります。(いろいろと細かい違いのある話はありますが)

1人目は、「これで暮らしを立てている」と言い、
2人目は、「プロとして石切の仕事をしている」と言い、
3人目は、「みんなが訪れることのできる教会を建てている」と言う。

これは、目的の差でもあるのですが、仕事に対する考え方、向き合い方が違っています。

きっと、完成するものは、違うのではないでしょうか。

 

ブログもきっと同じかも

きっとブログも同じなのではないでしょうか。

道具や方法は、考え方ほどの違うはそれほどない。

それでも、読まれるブログと読まれないブログとして、差がついたりします。

そして、他のことも、考え方やマインド、目的で違いが出てくる。

そんな気がしています。

 

ツールやノウハウは大切です。

しかし、考え方で、もっと活きてくる。

性能が良くて使いやすい道具を使う、大きな成果が出るノウハウを知る。

大切なことです。

そこに、考え方が変われば、もっと大きな成果につながる。

 

道具×方法×考え方=成果

情熱の炎

もし、このような式で考えることができるとすれば、「考え方」で、成果は変わるわけです。

 

これは、似たような「式」があります。

人生の結果=考え方×熱意×能力

これは、京セラ創業者の稲盛和夫氏が言われている「式」です。

 

やはり、考え方なのだと思います。

そして、熱意。

 

稲盛和夫氏の考えは、詳しくは、こちらの本で。

成功への情熱―PASSION (PHP文庫)

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly