再読の方法を改善したら、思いのほか良かった【読書術】

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

読書

このところ、本をいろいろと再読しています。

本を再読することの3つのメリット

以前書いたように、再読すると、

1.記憶の強化 2.思い出せる 3.新たな発見がある

といったメリットがあると思います。

(他にもあるかもしれませんね。)

 

最近、なんとなく、再読の方法を改善したいと思って、改善しています。

 

再読の方法を改善する

・短時間に何度も読み返す。

・ポイントを読み返す。

・気になったところを再読する。

・他の本も、芋づる式で読み返す。

・またしばらくしたら再読する。

 

記憶に定着させる

記憶に定着させたいなと思ったので、短時間に何度も読み返すようにしてみました。

10分で5〜7回という感じで、短時間で何度も読む、見る感じです。

まだ、はっきりと効果は実感できないのですが、何度も繰り返すと、記憶には残りやすいような感じがしています。

短時間に何度も読む。記憶するのに良さそうです。

ポイントを読み返す

これは、以前からやっているのですが、これも、何度も短時間に読み返すようにしています。

考えがクリアになる。

そして、違うことも思いつくことがあります。

ポイントを読み返す。

記憶以外に、気付きにも効果がありますね。

気になったところを再読する

気になったところを再読する、と、新しい発見があることが多いです。

時間が経って読んでみると、気になるところが違っていたりします。

再読の大きなメリットの一つでしょう。

やはり、ここは、はずさないでおきたいところです。

他の本も、芋づる式で読み返す

本を再読していると、他の本が気になるときもあります。

そんなときには、芋づる式で他の本も読み返すと良いですね。

つながりがあって、新たな気づきがあるかもしれません。

しばらくしたら、また再読する

しばらくしたら、再読するようにしています。

記憶の定着が違うような感じがしています。

何度ぐらい再読すると良いかは、その本による気がしますが、しばらく時間を置いて、再読すると、記憶に残りやすいように思います。

 

理解が深まって、見えてくることが変わって、行動が変わる

たくさんの本

短時間に何度も繰り返し読むと、理解が深まりますね。

そして、しばらくしてまた読むと、さらにわかることが増えるような気がします。

そうなってくると、見えることが変わってくるので、思考や行動が変わってくる。

短時間に何度も繰り返し読む。

時間もあまりかからず良い感じの再読法だと思うので、試してみてください。

▼こんな本を繰り返し再読しています

ビジネスモデル・イノベーション ブレークスルーを起こすフレームワーク10


7つの習慣―2011年来日講演映像CD-ROM付属

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly