たくさんメモを書くと何が変わってくるか?

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

メモ

たくさんメモを書くと何が変わってくるか?

メモを取れ!などと、よく言われます。

仕事などで言われるのは、忘れないようにするため、といった理由からだと思います。

わたしは、たくさんメモを書きます。

Evernoteなどに、自分が思いついたことを書いています。

昔は、メモ帳に書いていたのですが、多くなると、どこに行ったかわからなくなってしまうので、デジタルでEvernoteに書いています。

わたしが、メモを書くのは、言われたことを忘れないということもあるのですが、もう少し違う理由から、メモを書いています。

「考え方」、「モノの見方」が変わる

メモをたくさん書くと、いろいろと変わってくるのですが、一番変わるのは、「考え方」、「モノの見方」だと思います。

そして、その結果、行動が変わる。

かどうかは、その人次第かもしれませんし、何を目的にして、メモを取るかを考えないと、あまりメモを書いても意味が無いかもしれません。

書くことによって、「見える化」

それでも、書くことによって、「見える化」ができます。

自分の考えを書くと、自分の頭の中を「見える化」できる。

思考が、言葉などによって、外部に書き言葉として「見える化」できると、その考えが、しっくり来るかどうかなどもわかります。

そうなると、「モノの見方」が、これで良いのかを考えやすくなります。

「モノの見方」が変われば、考え方が変わって、行動が変わってきます。

行動を変えやすくなる

ジャンプ

自分の考えを書くことで、自分の思考が「見える化」できて、考え方を変えやすくなって、行動を変えやすくなる。

メモを目的を持ってたくさん書くと、こういったことができるようにしやすいわけです。

たかがメモ、ということで、小さいことですが、結果は大きく変わる。

そういうものだと思います。

 

目的を持って、メモを書くと、モノの見方が変わる。 行動が変わる。 結果が変わる。

メモで、思考を深めるということについて、この本で書かれています。
思考を変えたい方は、読んでみると、良いかも。


ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly