書くことで自分の頭を整理する3つのメリット

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

ペン

書くことで、頭の整理ができる。

なんだか頭がモヤモヤしている、スッキリしない。

 

そんなときは、考えていることを書き出す。

マインドマップでも良いし、マンダラートでも良いし、ポストイットでも良い。

 

ともかく、書き出す。

そうすると、頭が整理されます。

そんな書くことで、頭を整理するメリットはいくつかありますが、3つほどを書いておきたいと思います。

 

1.見える化

2.記録に

3.予期せぬアイデアにつながる

 

1.見える化

書き出す

まず、書き出せば、目に見えるようになります。

「見える化」ができるわけです。

頭のなかでも、考えてはいるのですが、頭だけで考えていると、消えてしまいます。

書き出せば、頭のなかと違って、目に見えるようになり、消えることもありません。

アイデアや言葉などは、消えてしまうと、なかなか思い出せなかったりします。

そういうことがなくなるので、安心でもあります。

 

2.記録になる

記録

書き出せば、記録になります。

考えている順番で、そのまま書き出せば、どうやって考えていったかの記録にもなります。

思考の過程を記録することになるわけです。

思考の過程が記録してあれば、読み返したときに、どういうことで、そんな考えに至ったのかを振り返ることもできます。

 

3.予期せぬアイデアにつながる

ひらめき

書き出してみると、自分の頭のなかにあったものなのですが、そこら辺にある「モノ」や「言葉」と同じようなものになります。

自分の言葉でありながら、「カタチ」を持ったものになります。

その書き出した言葉を見ていると、、自分の頭だけで考えているのとは、少し違ったアイデアが、書き出した言葉から思いつくことがあります。

「予期せぬアイデア」につながります。

これは、頭のなかだけで考えているのとは違う、メリットです。

書くことでアイデアが出てくるわけですから。

 

もう一個

地平線

こうやって書き出すと、心の整理にもなります。

頭がモヤモヤしているときに、書き出して頭を整理すると、心もスッキリすることがあります。

頭も整理できて、心も整理できる。

自分の考えを書く。

頭と心が、モヤモヤしているときにしたいところです。

 

まとめ

慣れていないと、書き出せば、自然と頭が整理されるというわけではないかもしれません。

しかし、まずは、自分が考えていることを書き出してみると、「見える化」はできます。

あとは、その出てきた言葉のつながりを考えてみると、頭の整理になります。

頭をどう整理するかは、頭を整理するための本などを読んでみると良いと思います。

フレームワークを使うなどあります。

どういう整理方法にしても、書き出しみる、というのがスタートになるので、書き出すこと、書くことを習慣にしておくと、頭が整理されて、行動する際にも、何をどうするかを明確にして動くことができます。

 

書いて頭を整理する。大切な習慣です。

 

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly