未来を描くのか?今に集中するのか?

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

朝日

未来を描くのか?今に集中するのか?

未来を描くのか?今に集中するのか?という問いがあるのかもしれません。

問いの立て方があまり良くないというのはありますが、こういう悩みはあるのでしょう。

結論から言えば、未来を描いて、今を生きる、ということになります。

さらに、もう少し具体的に考えると、動きやすくなります。

 

時間の使い方から、今、未来、過去を考える。

仕事で考えるとわかりやすいです。

過去、現在、未来(の仕事)に、どれだけの時間を使うか、ということを考えると、どこを大事にしているか、しようとしているかがわかります。

例えば、今(の仕事)を6割、未来を2割、過去を2割とすると、今に力を使っている、というように。

 

自分が、どこに時間を使っているかを知ることが、自分が何を大切にしているかを知ることになります。

だから、記録をして、その振り返りをすると、自分の意識や行動が、求めていることにつながっているかがわかるわけです。

 

未来?今?過去?

ここから、さらに進めて、自分の未来を考えてみると、今どこに力を入れると良いかが、わかります。

例えば、未来をより良く変えたいのであれば、未来をつくることに時間をなるべく使うと良いわけです。

もし、今を充実させたいのであれば、今楽しいこと、やりたいことをやれば良いですよね。

過去の栄光を味わいたいのであれば、過去を振り返るのも良いでしょう。

 

時間を何に使っているのか?

ここに注目してみると、自分が求めていることとずれているのか、それとも、うまくできているのかがわかります。

改善もしやすくなります。

時間の使い方、行動が、自分のしたいことにつながっていなければ、思うような成果は出にくいでしょう。

時間の使い方に注目する。

 

 

ちなみに、わたしは、今は、未来6割、今3割、過去1割ぐらいでしょうか。

未来を変えたいと思っているから、未来をつくるために時間を使っています。

今を未来のビジョンをつくるために、使う。

そう意識して、時間を使い、行動しています。

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly