「自分」という枠を外してみる【じぶん進化】

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

ジャンプ

自分のアイデンティティが

成長したい。自分を変えたい。

そんなことを考えたときに、意外とボトルネックになるのは、「自分」のイメージです。

セルフイメージ、自分のアイデンティティ。

そういうものが、自分を変えるブレーキになってしまうことがあります。

 

枠の中にいて変われない

「自分」という枠の中に入ってしまっていると、なかなかその枠から出ることができないで、変わることができない。

そんなイメージです。

変わりたいのに、変われない。

 

自分から離れてみる

自分ということを忘れて、自分から離れてみる。

枠を外してみる。

好き嫌いを忘れてみる。

あるがままに見る。

 

こういったことをすると、自分の枠を外してみることができると思います。

 

楽しむと「自分」を忘れられる

もしくは、あるがままを楽しむというのも良いですね。

夢中になっていると、「自分」を忘れることができます。

だから、何か夢中になってみると良いと思います。

テレビゲームでも良いし、音楽のライブなどでも良いです。

何でも良いので、夢中になってみると、その感覚を知ることができます。

自分ではないものに意識を集中できる。そんな感覚を知る。

 

今の自分を維持しなくても良い

変わることへの抵抗がある人は、自分はこういう人というイメージが強すぎるところがあります。

「わたし、こういう人ですから」という言葉を自分で自分に言って、自己イメージを保つ。

変わることへの恐怖などがあるのでしょう。

変わっても変わらなくも、自分は自分です。そして、何もしなくても、年を取って変わっていきます。

どうせ変わるのであれば、より良い方向に変わったほうが良いですよね。

今の自分から離れてみる。自分の枠を外してみる。

そこから、変わりやすくなります。

自分の箱から出る

自分の小さな「箱」から脱出する方法

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly