「等価交換」でなくても良いと思うと

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

ドル

等価交換について少し考えると、考え方が変わる

とあるマンガ、アニメで、「等価交換」ということが言われたりします。

そして、資本主義社会では、お金とモノ・サービスが、「等価」で交換されると、されています。

ただ、同じものはこの世には、厳密に言えばないわけですから、等価で交換することはできませんよね。

そして、お金とモノが、そもそも等価なわけはありません。

 

等価を期待すると

さらに言うと、ギブアンドテイクというときに、ギブしたものと何か同じものが返ってくるわけでもないでしょう。

というか、同じものが返ってくると期待すると、返ってこないときに、ガッカリすることになるのではないでしょうか。

 

等価でなくて良いと思えると

逆に、等価でなくて良いと思えると、ガッカリもしないでしょうし、それこそ、「ギブ」ができたことになるのではないでしょうか。

この世が平等とか、そういうふうには、それなりの大人になれば、思っていない人がほとんどだと思いますが、もし何か、周りの人や社会に提供したいと思うのであれば、等価交換でなくても良いと思えるとラクかもしれません。

ビジネスだと、そもそも、利益を出すためには、付加価値をつけることが必要になってくるわけですし。

 

出したものは、返ってくる

でも、出したものは、返ってきますね。

すぐにではないですし、ギブした相手からではないかもしれませんが。

返ってくる。

不思議なのですが、すっかり忘れていたり、ひょんなときに、なんでこんなものが、という形で返ってくる。

良いほうも、悪いほうも。

だから、等価交換はあまり意識しないで、良いモノを出していけば良いのではないかと。

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly