浅田真央選手から、学んだこと。感謝の大切さ

follow us in feedly

Pocket
LINEで送る

ソチ・オリンピックが終わって

ソチ・オリンピックが終わりました。

昨日、NHKで、ソチ・オリンピックの総集編が放送されていました。

 

浅田真央選手の感謝のジャンプ

その中で、浅田真央選手が、こんなことを言っていました。

「このジャンプは、あの人のために、このジャンプは、あの人のためにって」

「今まで支えてくれた人達、一人ひとりへの感謝のジャンプだった」

「ジャンプ、一つ一つを、誰かのために跳ぼうって思えたんです、今回初めて」

 

フリーでの演技で、感謝を込めてのジャンプ、演技だったということです。

 

人の支えがあって

前日のショートプログラムでは、まさかの演技でした。

その後、姉の浅田舞さんに電話で、「絶対できる、できるようにやってきたのだから」と言われ、やるしかない、思い切ってやろうと思ったそうです。

そして、佐藤信夫コーチに、「何かあったら、助けに行くから」と、思い切って、滑ることができたということです。

 

感謝が込められたジャンプ

6種類8つのトリプルジャンプには、感謝が込められていたのだなと。

人に支えらたことへの感謝が力になって、これまで積み上げてきたことを発揮できたのだと思います。

周りの人への感謝。

これが、込められた演技だったのですよね。

「ああいう演技がしたかった」

そう言っていた浅田真央選手の姿が、とても印象に残り、感動的でした。

感動的な演技には、こういう想いがあって、力になっていたのですね。

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2014年 3/13号 [雑誌]

▼さらに、ミッションやビジョンについてはこちら
ミッションビジョンアクションブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

follow us in feedly